京都大学数理解析研究所 RIMS 共同研究 (公開型) として標記の公開型共同研究を開催いたします. みなさまの参加をお待ちしております.

研究代表者: 田上 大助 (九州大学),  研究副代表者: 井元 佑介 (東北大学)

共同研究の目的・内容

計算機を利用した数値計算は現在の科学技術を支える重要な 要素の一つであり, 様々な現象の理解・予測・制御に活用さ れています. 特に近年の計算機性能の進歩に合わせて, 従来は適用されな かった生命科学・臨床医学・社会科学などの分野にも数値計 算が浸透し, 扱う現象の複雑さも増しています.

数値計算を現象の理解・予測・制御へ活用するには, 現象を 表す数理モデルの導出とその数学解析, 数理モデルに対する 離散化手法の構築, より効率の高い計算機実装手法の開発, 計算結果の品質・信頼性検証や可視化, などを行います. この中で 適用する分野の拡大や現象複雑さの増大に耐え得る数値計 算を行うには, 数値解析学により基盤を整備した上で 現実問題への応用を展開する必要があります.

本研究計画では, 数値計算の理論基盤となる数値解析学の役 割, 課題, および展望を参加者が共有した上で, 科学技術を 支える数値計算の応用展開の深化と新しい可能性を探ること を目的とします. これにより各参加者の研究進展だけでなく, 共有された知見 から新しい数値解析学の展開や数値解析学と他の数理科学分 野, 他の学問分野, 産業界など, 様々な枠組みの中で分野横 断的な共同研究への発展を図ります. またこのような共同研究が深化すれば, 個別の主題に対する 新しいRIMS共同研究の立ち上げなどに発展することも期待で きます.

提供される話題は, 数値解析学のいくつかの分野における現 状と展望を俯瞰した基調講演・特別講演や通常の優れた研究 成果に加えて, 共同研究の「触媒」となることが期待され る内容や, アイデアや研究の方向性は正しいと確信するもの の現時点では様々な困難から未完成のため通常の研究集会で は発表を躊躇するような問題提起も積極的に受け入れたいと 考えています.

講演予定者

こちらのページをご覧ください.

お知らせ

謝辞

本共同研究は京都大学数理解析研究所および下記の日本学術振 興会・科学研究費補助金を援助を受けて開催されます.

更新履歴